スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミラノ・スカラ座のロミオとジュリエット

続きを読む »

スポンサーサイト

テーマ : クラシック - ジャンル : 音楽

第272回定期演奏会

続きを読む »

テーマ : クラシック - ジャンル : 音楽

矢吹町文化センター開館20周年コンサート「モーツァルトの夕べ」

去る9月8日(日)、当団は福島県西白河郡矢吹町(やぶきまち)に参りました。

リーフレット

復興支援「ふるさと元気化事業」
『矢吹町文化センター開館20周年コンサート』
東京シティ.フィルハーモニック管弦楽団「モーツァルトの夕べ」
指揮 : 手塚幸紀
曲目 : 歌劇「フィガロの結婚」序曲 K.492/セレナーデ第13番 ト長調「アイネ・クライネ・ナハト・ムジーク」K.525/交響曲第40番ト短調 K.550

矢吹町は福島県南部に位置する人口2万人弱の町であり、主な基幹産業は米づくりです。
そして、かつては宿場町であった史実もあるように「人情味に溢れた町」なのだそうです。

風景

その矢吹町は2011年3月11日に起きた東日本大震災において、道路を含めた町全体が大きな被害を受けました。
全半壊戸数は1800戸であり、総戸数に対する割合は30%で、これは当震災において、津波被害のない内陸部の市町村では最大の損壊率であったそうです。
あの震災から3年目を迎えた今も、町の復旧復興は続いています。
そして、ホール周辺にはたくさんの仮設住宅があります。

そのように大変な困難を抱えていらっしゃる状況のなか、仮設住宅にお住まいの方を含め、たくさんの町民の方々が演奏会にお越し下さいました。
今年の2月9日、指揮者の佐渡裕さんとの国内演奏旅行で郡山市へ参りましたが、その演奏会にいらしたお客様が今回もたくさんお見えになったようです。

福島県は音楽活動が盛んで、アマチュアオーケストラや吹奏楽団もたくさんあるそうです(当団にも福島県出身の団員が1名おります)。

矢吹町文化センターは開館20周年を迎えるそうですが、音響も良く、開館以来頻繁にクラシック音楽の演奏会を開催しているようで、会場では音楽に造詣が深い方々が多く集まっていらっしゃる雰囲気を感じました。

ホールとシティ・フィルのトラック

舞台のセッティング中

演奏会中

ホール周辺には稲穂が垂れて収穫を待つ水田がたくさんあり、地元の方から伺ったお話によると、あと10日ほど(9月8日現在)で刈り取るので、それまでは天候が気掛かりであるとのことです。

前述したように、こちらは「人情味溢れた町」で、私達を迎えて下さった主催側の方々の「おもてなし」の心がいたるところに感じられました。
彩り豊かな栄養満点のお弁当(特に、地産のお米は美味しいと評判でした)、地産の果物、お茶菓子等を用意して頂いたり、特筆すべきは、陶器の壺に入ったおそらく手作りであろう小梅の梅干し(根昆布も一緒に漬けたようで旨味がありまろやか)は大好評でした。

20130908_1.jpg

会場のお客様と共有できた時間は僅かでしたが、矢吹町の皆様に私達の演奏を楽しんで頂くことにより、心身を癒し、明日への活力を取り戻される機会になりましたら幸せに思います。

そして、矢吹町の今後の発展と震災復興を心よりお祈りしております。

れおん

第34回ティアラこうとう定期演奏会

続きを読む »

テーマ : クラシック - ジャンル : 音楽

ジュニアフィル第8回定期演奏会までの道のり

続きを読む »

テーマ : クラシック - ジャンル : 音楽

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。