スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ご来場ありがとうございました。

レ・ザンサンブル・デ・シーン第5回室内楽コンサート終了!

11月28日、皆さまのおかげをもちまして無事コンサートを終えることができました。
ありがとうございました!

GPの様子です。

Les ensemble des scène with 上田 仁 その4

スペシャルゲスト鈴木優人さんがご自分のチェンバロを持ってきてくれました。
調律はマテュー・ガルニエ氏。
今回はAを442のピッチでお願いしましたが普段はもうすこし低めなので、ゲネプロの最中にちょっと鍵盤の調子が悪くなってしまいました。
が、鈴木さんご自身も技術をお持ちなので本番15分前まで微調整をして、見事にリカバリー!

Les ensemble des scène with 上田 仁 その3

ご存知のようにチェンバロはとてもデリケートな楽器です。
舞台上のライトの熱でチューニングが悪くなるのを避けるため、照明も暗くしました。
それでなのでしょうか、お客様から「ティアラ小ホールがヨーロッパの貴族のお屋敷の空間ように感じた。王様気分を味わったり(笑)とか、妄想も膨らみました。」
との感想を頂きました。

Les ensemble des scène with 上田 仁 その1


Les ensemble des scène with 上田 仁 その2


ここで演奏会後のお客様からの声をご紹介させていただきます。

「回を重ねるごとに素敵なコンサートになりますね。次回も期待しています。」(シティ・フィル維持会員様)
     ありがとうございます。今後も続けていきますので応援よろしくおねがいいたします!

「ピッコロトランペットの響きはとっても明るく、楽しい気分になりました。」(ピアニスト)
     上田仁くんは本当に素晴らしい音楽家!弦楽器の私達も彼に刺激を受けて楽しく弾くことができました。

「上田仁さんはホールを味方につけて、いいバランスで吹いていました。僕だったらもっとうるさくなっちゃっていたと思います。」(トランペット奏者)
      ティアラ小ホールでのバランスは実はすごく難しいです・・・。仁くんは素晴らしいコントロールをしていたと身内ながら感心してしまいます。
      あんなに超絶技巧の難曲なのに涼しい顔で吹き通すんですよ。

「チェンバロの鈴木優人さん、すごく穏やかでステキな音でした。デ・シーンのコンサートは毎回聴いていますが今回の企画が一番よかったと思います。」(出演者の父親)
      そうでしたか!鈴木優人さん・上田仁さんに感謝!です。

「弦の響き、特にヴァイオリンの透明な音が好きでした。」(友人)
       嬉しいです!

「シャコンヌがよかった。迫力があったと思う。」(出演者親族)
       ブリテンのアレンジでした。おもいっきりロマンティックなアプローチで弾いたのです。ほかの曲との違いを聴き取っていただけたのは本当にうれしいことです。

「一曲一曲が短くて、でもバラエティーに富んでいて楽しめた。メンバーがニコニコしていて楽しそうに弾いているのが印象的でした。」(本当はjazzが好きなデ・シーンのファン)
       内心は心臓バクバクなんですよ~(汗)。

たくさんのお声、ありがとうございました。
これからもより良い音楽をめざして、皆さまに楽しんで頂けるコンサートを企画していきたいと思っております。
どうぞよろしくお願いいたします。



トランペット上田仁より一言。
鈴木さんを間近で見ていて「バロックはインプロヴィゼーションだ!」 って感じました。

ヴァイオリン 黒川史恵
とにかく気持ちいい、後味爽やかな演奏会でした。
トランペットとチェンバロとの貴重な経験が出来て感激でした。ありがとうございました。


応援して下さったすべての方々にこの場をおかりして心からお礼申し上げます。
ありがとうございました!

桜井春栄
スポンサーサイト

レ・ザンサンブル・デ・シーン With 上田仁 コンサート開催迫る!!

レ・ザンサンブル・デ・シーンの皆様よりメッセージが届きましたのでお知らせいたします。


では


レ・ザンサンブル・デ・シーン With 上田仁 コンサート開催迫る!

11月28日(月)午後7時開演
ティアラこうとう小ホール

5回目となりました私達のコンサート、今回はトランペットと弦楽器のアンサンブルを中心にバロック時代の曲をお届けします。
トランペットソロは我らが上田仁!
ピッコロトランペットの輝かしい音色とヴィルトゥオーゾな響きが、皆さまのハートをグッと掴んで離さないことでしょう!

ゲスト出演としてバロックの専門家、鈴木優人さんをお迎えしています。
全曲に参加して下さいますが最後にはエマヌエル・バッハのチェンバロ協奏曲をご披露下さいます。
どうぞお楽しみに!

先駆けて26日ティアラ定期のプレコンサートにも出演させていただきます。
こちらもどうぞお聴き逃しなく!


レ・ザンサンブル・デ・シーン With 上田仁

プログラムの次のように決まったそうです!!

●J.S.バッハ(福嶋頼秀編曲)/カンタータ51番よりアリア

●コレルリ/ラ・フォリア

●ヴィヴァルディ/合奏協奏曲マドリガル風

●シュテルツェル/Tp協奏曲D-dur

--休憩---

●トレルリ/Tp協奏曲D-dur

●パーセル/シャコンヌ

●C.P.E.バッハ/チェンバロ協奏曲 d-moll


メンバー一同皆さまのご来場を心よりお待ち申し上げております。

チャリティーコンサート in 市川

6月12日(日)午後2時より市川市文化会館大ホール・ロビーにてメンバーによる室内楽チャリティー・コンサートがおこなわれました。このシリーズは都内のプロ・オーケストラのメンバーが出演する室内楽コンサートだそうです。シティフィルよりこの4人が派遣されました。このスペースは大ホールのロビーなのですが、とてもよく響く場所で、よいピアノが置いてありますし、とてもいい雰囲気でした。
会場の雰囲気はこんな感じです。

市川1

座席は100席ほど並べられ、ほとんど一杯のお客様に恵まれました。本番の様子です。
写真はハイドンのトリオを演奏中。
(4人で弾いている本番写真がないのが残念です)

P1010722.jpg

オーボエ 鷹栖美恵子 ヴァイオリン:道橋倫子
ピアノ:志田明子 チェロ:高群輝夫 

DuoやTrioなど様々な編成の曲を盛り込みましたが、最後に4人でチャイコフスキーの「花のワルツ」を演奏。アンコールにはカッチーニのアヴェマリアで締めくくりました。

市川2


最後に全員で記念撮影はいチーズ、お疲れさまでした。
女性陣の衣装はとても華やかでした。

私たちの演奏が東北震災の被災者の方々に少しでもお役にたてることが出来てよかったです。
ご来場の多くのみなさまに深く感謝致します。ありがとうございました!!
これからもオーケストラと共にメンバーの出演する室内楽コンサートにもご期待くださいませ。

teruotto

復興支援チャリティーコンサート

メンバーによるチャリティー室内楽コンサートです。前回2月に深川江戸資料館コンサートで集まったメンバーが再び市川で集結します。東京では地震の影響は大分落ち着いたように見えますが、東北の復興はまさにこれから本格的に始まります。今回のコンサートは震災復興支援コンサートとなっていますので、少しでも私たちの活動が困っている方々のお役に立てることが出来れば幸いです。ホールの前のロビーで行われる1時間というプログラムですが、様々な曲を予定していますので楽しんでいただけると思っております。皆様のご来場お待ちしております!!

日時:6月12日(日)午後2時開演
場所:市川市文化会館大ホール内 ロビー
料金:全席自由1000円(100席限定)
お問い合わせ 047-379-5111(市川市文化会館)

オーボエ 鷹栖美恵子 ヴァイオリン:道橋倫子
ピアノ:志田明子 チェロ:高群輝夫 

プログラム
Trio(Vn,Vc,Pf)
ハイドン トリオ ト長調 3楽章 ジプシーロンド
クライスラー編曲/ロンドンデリーの歌
クライスラー/愛の喜び
Ob solo
マルチェロOb協奏曲より
Duo(Vn,Vc)
グリエール 8つの小品より
Trio (Ob,Vn,Vc)
ハイドン トリオ ハ長調 より
Quartett(Ob,Vn,Vc,Pf)
ムーンリバー
花のワルツ

などを予定しています。


演奏会詳細はこちらまで


テルオット


レ・ザンサンブル・デ・シーン室内楽コンサート終了

シティ・フィルのメンバーが集い開催されたレ・ザンサンブル・デ・シーン室内楽コンサートが無事終了しました。今回はシティのメンバーの中から(いつもゲストでお世話になっているVlaの柳沢さんにも協力をいただきました、感謝です!!)弦楽器奏者が集まり、弦楽器の様々な組み合わせによるプログラムが演奏されました。
会場のティアラこうとう小ホールは、建物の地下1階にある客席数140という小さいながらも素敵なホールです。ステージとお客様との距離も近いため室内楽をじっくり聴くにはとても適したアットホームな会場と言えるでしょう。演奏会当日午後、地下の練習室から初めてホールに移動したメンバーは、ステージ上で綿密に並び方や座る場所、また音の聴こえ方をチェック。少しでも弾く位置が変わると客席での聴こえ方が微妙に異なりますし、楽器の種類によってもより適切なよい場所を探して行きます。また客席の座る場所によっても聴こえ方をチェックしておきます。演奏者は自分たちの音がその空間でどのように響くかを知ることがとても大事なんですね。

シューベルト・チームのゲネプロ
このようなポジションに決まりました。
P1010670.jpg


グリエール・チームのゲネプロ
また照明の当て方によってプログラムの雰囲気を変えてみたり工夫を凝らします。
P1010675.jpg

玄人好みのプログラムではありましたが、熱心に耳を傾けてくださるお客様に囲まれ本番はとても集中しながらも楽しく演奏出来ました。
今後もこのシリーズは是非続けて行きたいと考えています。
メンバー一同ご来場の皆様に厚くお礼を申し上げます。
ありがとうございました!!

はい、出演者全員で記念撮影 みなさん笑顔でチーズ、ぱちり!!

P1010683.jpg


お疲れさまでした~では打ち上げにGO!!

テルオット
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。