スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日から第231回定期演奏会のリハーサル。
今回はハイドンの44番、モーツァルトの40番、ベートーベンの4番と「4」をキーワードにした全て交響曲のプログラムです。
金聖響さんは5月に兵庫芸術文化センター管弦楽団と3をキーワードの演奏会をされたとのコトでそれに続く数字をキーワードにした演奏会となるそうです。

リハ終了後、2ndヴァイオリントップとモーツァルトの1楽章と4楽章のテンポについて熱く語っておられました。(1:Molt Allegro 4:Allegro assai)



写真は今回使うティンパニ。チューニングを周りのネジでやる古いやつです。今はメンテ的に皮を張ったあとペダルでチューニングするのが普通ですが、ペダルがなくて皮も歴史があるかんじでした。

てぃんぱに


tak

東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団第231回定期演奏会
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。