スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第20回ティアラ定期 本番

ゲネプロの前に、2ndバイオリンの団員のかばんに、鳥の落し物(^^;があったらしく、
その場に居合わせたマエストロ藤岡。ゲネプロの時、
「ヨーロッパではラッキーなしるし。今日は鳥のプログラムだし、上手くいく!!」
と、大変前向きで心強いお言葉。

そして迎えた本番。
t0123.jpg

2曲目の吉松 隆さんの曲は、本番が一番曲に入れたかな。
何度も弾いて馴染んだのもあるけれど、弾きながら色々な鳥や景色が想像できました。
作曲者ご本人がいらしていると、なかなかに緊張するものですが。

1曲目のヴォーン=ウィリアムズ、弦楽器各トップの音色も2オケの響きも美しかったです。
3曲目の「スコットランド」は、全楽章の楽章間に楽器を下さず、そのまま次の楽章に
入るので、終わってみれば全力疾走したみたいでした。
takちゃんがリハ2日目の記事で書いたように、マエストロが狙ったなかなかの速さでしたし^^

ティアラ定期は、江東区の都営新宿線住吉駅が最寄りの、ティアラこうとうで行っています。
地元密着型定期演奏会で、アットホーム。
特色として毎回、日本人作曲家の作品を取り上げます。
次回は4月10日(土)黛敏郎氏の弦楽曲を演奏します。
右サイドバーの第21回ティアラ定期ちらしから、詳細をご覧いただけま?す。

スポンサーサイト

テーマ : クラシック - ジャンル : 音楽

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。