スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第22回ティアラ定期 本番

第22回ティアラ定期ちらし

こんばんは、kassanでございます。
きょうのティアラ定期はおかげさまでたくさんのお客様にご来場いただきました。まことにありがとうございます。
ご当地、江東区ご出身のヴァイオリン奏者と指揮者。二人共うら若き女性でとてもいい感じの組み合わせでした。

ヴァイオリンの小野さんはもうシティフィルとは共演しているのである程度顔なじみ。落ち着いています。ラロはもちろん、アンコールに演奏してくれたバッハもとても良かったです。

かたや指揮の三ツ橋さんは初めての顔合わせ。歳も小野さんより三つ若いと言ってたかな?とても小柄で可愛らしく謙虚で気を使っているのですが声はデカイ。しっかり主張してるのに、生意気だ!みたいな感じが皆無だったしなかなか得なキャラでした。
可愛がられやすいタイプでまた一緒に何かやろうね、と言いたい感じ。

今回はリハから僕はうれしそうにしてたようで、本当にそういうとこ、わかりやすいですね!と同僚に言われました。

僕は純粋に指揮者として老若美醜を問わずに見ているつもりなんだけどね?。

   by kassan


追記:
女性の視点からもコメントさせていただきますね?

正直、女性の指揮者、しかも年齢がお若いと、本当難かしいと思います。
何がと言いますと、自分より明らかに年齢&経験が上の男性に、自分の作りたい音楽を伝える事です。
私は本当に感心しましたよ!作りたい音楽もしっかりおありで、謙虚だけど物怖じせずきちっと指示を出されてました。あっぱれです。
益々成長され、もっともっとすごい指揮者になるのを、確信し期待しています。
ありがとうございました!


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。