スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フェスタサマーミューザ 本番

昨夜はフェスタサマーミューザの本番でした。

プログラム表紙

お客様が入っての公開ゲネプロの後、バックステージではコンサートマスター戸澤氏の号令で、バイオリンの方々が集まって音程の難しい部分の最終合わせをしていました。そりゃもう真剣そのもの。

練習中

プログラム内の、コンサートマスター戸澤氏のコメント「ここが聴きどころ!」をアップしますね。戸澤氏は楽員の信頼が厚く、「社長」というあだ名があります^^

ここが聴きどころ!

オーケストラで普段演奏するクラシック音楽は、作曲家が書いた譜面を何度もなぞります。でもホールが違ったり、指揮者やプレーヤーが違えば、同じ曲でも全く違うものになり、それが生演奏の醍醐味だったりします。お客様の雰囲気も大きく関係します。

巻貝の中にいるような雰囲気の素晴らしいミューザ川崎シンフォニーホールでは、様々なコンサートが8月15日まで開かれます。ぜひ生の音楽をご堪能ください。

フェスタサマーミューザ コンサートスケジュール

スポンサーサイト

テーマ : クラシック - ジャンル : 音楽

フェスタサマーミューザ リハーサル

今日は毎年夏にミューザ川崎シンフォニーホールで行われる、フェスタサマーミューザのリハーサル2日目でした。
3週間にわたるフェスタサマーミューザ公演スケジュールには、色々なオーケストラが登場します。特色は、短時間、低料金、公開リハーサル、プレトークや託児サービスなどなど。ホールがJR川崎駅から近いというのも、魅力ですね。
そんな中、シティ・フィルは明日、7月30日に出演いたします。

プログラムはラヴェルのマ・メール・ロワと、サン=サーンスの交響曲第3番「オルガンつき」の2曲。指揮はシティ・フィル首席客演指揮者 矢崎彦太郎氏、オルガン演奏は近藤 岳氏。
開演は20時で休憩がなく、終演が21時10分予定と、普段のコンサートより時間が短いので、気楽に聞いていただけると思います。公開リハーサルも17時からあります。
ミューザ川崎のオルガンを聞いてみたい!という方にもお勧めです。

クラシック音楽は映画やコマーシャルによく使われますね。明日演奏するサン=サーンスの「オルガンつき」は、子ブタが大活躍する映画「ベイブ」に使われています。日本語吹き替え版の子ブタがなんとも愛おしくて、この曲が流れる最後の方のシーンで、どうしたって涙腺が緩みます。映画をご覧になった事がなくても、華麗なオルガンと共に奏でる美しい旋律。お楽しみくださいませ。

ベイブ [DVD] アマゾンへ

テーマ : クラシック - ジャンル : 音楽

ファミリーコンサート「音楽のおもちゃ箱」

みなさん猛暑日を記録しましたがお体は大丈夫ですか?

さてさて今日はオーケストラ編成ではないのですが演奏会がありました。

■ファミリーコンサート「音楽のおもちゃ箱」
日時 2010年7月22日(木) 11:00開演
会場 新宿文化センター
曲目 モーツァルト/「フィガロの結婚」序曲
アンダーソン/サンドペーパー・バレエ ほか

お子様の入場できる演奏会ということで沢山のお客様にいらっしゃっていただけました。

編成はVn2 Va Vc Cb Fl Ob Cl Fg Hr Pf+司会の12人の編成でした。

今日の演奏会ですごいことがあるんです。
お子様対象ということでなんと開場入り口付近には沢山のベビーカーが。
総勢50台以上あったかと思われます。

新宿文化センターの御好意でおむつ替えシートの臨時設置等もありました。

普段の演奏会とは違い出入りは曲間とかではなくいつでもお入りいただけるようにさせていただきました。

お子様は素直で正直ですよね。

楽しい音楽や知ってる音楽だと聞き入ったり体が自然に動いたり手拍子が出たり元気に歌ったりととても楽しい演奏会でした。

こういう機会に親子で聞きに来れるといいですね。
来月に似たような演奏会でフルオーケストラでやる演奏会があります。

■夏休みファミリーコンサート
日時 2010年8月29日(日) 13:30開演
会場 ティアラこうとう
指揮 海老原 光
出演 つのだりょうこ
曲目 ビゼー/「カルメン」前奏曲
お弁当箱の歌、山の音楽家 ほか
お問合せ ティアラこうとう 03-5624-3333

詳細は夏休みファミリーコンサート

mocchie

東京シティバレエ団白鳥の湖と定点観察

いつの間にか梅雨明けしたと同時に猛暑日という…

アップが遅くなってしまいましたが金曜日から日曜日まで東京シティバレエ団の白鳥の湖の公演でした。
金曜日はリハーサル。土曜日にGP・本番。日曜日本番。
というスケジュールでした。

会場はいつもお世話になっているティアラ江東でした。

本番のことやリハーサルのことを書こうと思ったのですが…
情報収集不足でごめんなさい。

白鳥の湖は4幕あり休憩が3回ありました。
急に暑くなったせいかピットの中もずいぶん暑かったようです。

すみません。私自身あまりピットに行かなかったもので…

その代わりと言っては何ですが今日は定期の練習の時に撮った定点観察をアップします。

定期演奏会のときは天気があまり良くなくて画像があまり良くないですがお許しください。

画像は14日のものです。


定点観察20100714-01
定点観察20100714-01

ズームもしてみました。

定点観察20100714-02
定点観察20100714-02

普段と違う場所から

四ツ目通りからスカイツリータワー四ツ目通りからスカイツリータワー


ずいぶん高さがも伸びてきました。
ちなみに展望台が出来上がってきました。
これからまだ伸びると思うとどんな高さになるか楽しみです。

mocchie

ベートーベン交響曲全曲シリーズ 第2回 本番!

本番でしたよ?
またもや、たくさんのお客様にご来場いただき、ありがとうございました!

リハ3日目の記事の、takちゃんの「オニ刻み」に笑いました。
ワタクシのパート、ビオラもだいたい同じ事をしておりました故(笑)しかし内声の事ばかりなので、是非木管のkassanさんのご意見も伺いたいところです。

さて今日のGPも、GPじゃなくてリハじゃない?というくらい、さらっと通すのではなく、ぎりぎりまでマルケヴィチの音、マエストロ飯守の求めるベートーベンの音を追求したものでした。もちろん、だから面白いんだと思います。「大音量でもぞっとする美しい和音」や、「いくら暑くてもくたびれていても、一瞬でさわやかになる和音。モーツアルトでも求められない至福の喜び」など、飯守語録も様々でした。

演奏会後お客様のお一人とお話しした所、「ベト8第4楽章の冒頭と、田園が良かった!教室で授業を受けている気分になるベーレンライター版より、断然マルケヴィチ版がいいね?」とお褒めの感想をいただきました。皆さまはいかがでしたでしょうか?

次回のマルケヴィチ版によるベートーベン交響曲全曲シリーズ第3回は11月11日(木)、暑い夏を乗り切り、秋から冬に向かう季節です。曲目は「レオノーレ」序曲第3番、交響曲第1番、第3番「英雄」 。ぜひまた足をお運びいただけたら幸いです。

ベートーベン交響曲全曲シリーズ 第2回

テーマ : クラシック - ジャンル : 音楽

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。