スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ベートーベン交響曲全曲シリーズ 第2回(第241回定期) リハーサル1日目

さて第2回目となりました、マルケヴィチ版ベートーベン交響曲全曲シリーズ(第241回定期)のリハーサル1日目でした。今回のプログラムは、「エグモント」序曲、交響曲第8番、第6番「田園」です。

譜面は前回と同じく、ペータース版の下地にマルケヴィチのボーイングや、クサビなどが書き込んである譜面ですが、実際はマルケヴィチの本に書いてある事全てが忠実に記されていないらしく、細かい変更をマエストロ飯守氏の指示で譜面に書いていきました。
またもやビオラの例ですが、交響曲第8番の第1楽章で、普段タカタカきざんでいる数小節をバッサリやめて、チェロと同じメロディーを弾いたりします。ちと照れます。

リハーサル後、コンサートマスター戸澤氏がこんなDVDをお持ちで、見せていただきました。

アマゾンへArt of Igor Markevitch [DVD]
(2004/10/26)
SeefriedForrester

マルケヴィチ指揮の交響曲第6番「田園」が入っていて、コンマス戸澤氏は「あのボーイングの意味がわかった」と。うーん、見てみたいなぁ。帰りに別件で寄ったタワレコで発見。しばらーく考えたものの、悩んだまま帰宅しました。明日の昼休憩時に、上映してくれないかしら。

飯守泰次郎オフィシャルサイト ベートーヴェンシリーズ第2回に向けてのメッセージ
マルケヴィチ版の背景と意義 byマエストロ飯守泰次郎 シティ・フィルHP内

スポンサーサイト

テーマ : クラシック - ジャンル : 音楽

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。