スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

真夏の第九こうとう2010 リハーサル

本日は、真夏の第九こうとう2010のリハーサルでした。

ベートーベンの第九と言えば年末の恒例行事ですが、「真夏に第九」は江東区では初めての試み。今年1月にオーディションで結成された「ティアラこうとう真夏の第九合唱団」と、江東少年少女合唱団との共演です。シティ・フィルも、長いお付き合いのティアラこうとうでの第九は初めて。

合唱団の声出し写真をアップしますね。

合唱団声出し中

このコンサート、ソロ歌手陣も豪華です。詳しくはこちらをクリック

今回はベーレンライター版を使用。マルケヴィチ版とは違い、マエストロ飯守の意向で若干のピリオド奏法を混ぜながらの曲作りでした。マエストロ飯守と何度もベートーベン第九を演奏していますが、毎回新しい発見があります。色々な指示の中でマエストロの頭の中が見えるのですが、例えば2楽章のイメージは「バブル」だったり、3楽章のビオラと2ndVnが唐突に弾くDdurのメロディーは、「夢の中の幸せな想像」だったりと、なかなか興味深いです。

明日15時から本番。

テーマ : クラシック - ジャンル : 音楽

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。