スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

過ぎたるは・・・

第246回定期演奏会のリハーサルが始まりました。

指揮のパスカル・ヴェロさんは何度も来日されていて、基本英語、そして少しの日本語混じりのリハーサルです。
マエストロは言語にチャレンジャー気質をお持ちなのか、はたまたセンスが良いのか(きっとこれでしょう)、リハーサル中突然
「スギタルハ オヨバザルガゴトシ」
と仰ったので、一同大爆笑。

指揮者が何か注文を出した時、演奏者はやり過ぎる傾向にあります。例えば、「ここはもっと大きく」とか「早いよ、ゆっくりして」と注文を出すと、し過ぎてしまう。そこで使った訳です。
どうやらこのフレーズ、バイオリンのメンバーがヴェロさんに前回振っていただいた際「これを言ったらうけますよ」と話したんだそう。覚えて的確に使うとは、なかなか。

そんな和やかな雰囲気の中、濃い練習が時間めいっぱい使って行われています。
本番は14日、東京オペラシティで19時からです。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。