スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宮本文昭が語るベートーヴェン「運命」

6月11日(土)第25回ティアラ定期。指揮者宮本文昭さんのコメント動画その③がアップされましたっ。
早いものであっという間に6月。本番は来週の土曜です。

交響曲第5番については7月13日に飯守さんの定期演奏会延期公演でも取り上げます。
きっと全然違うので両方を聞き比べるのも面白いかも。演奏者としても楽しみです。

チケットはこちら

tak


その③。ベートーヴェン「運命」について
(全3回)
スポンサーサイト

英国バーミンガム・ロイヤル・バレエ団 公演終了 写真いろいろ

昨日、英国バーミンガム・ロイヤル・バレエ団公演が終了しました。
撮ってあった写真を少しアップします。

「眠れる森の美女」公演中、オケ楽屋前にあった衣装のつづらと、手前のつづら内容の紙アップ写真。
「眠り」のつづら つづらの中身

昨日バレエ団のインフォメーションホワイトボードにあった、今日の注意事項。
ホテル出発時注意事項

「ダフニスとクロエ」本番前、下手袖より舞台。何だかわかりませんが、雰囲気だけ。
下手袖より舞台

オケピット入り口付近に貼ってあった、イタリア語で「非常口」。
イタリア語ではこう書くのね

「ダフニスとクロエ」本番前、オケピット入り口付近で、6月1日にコンサートをするレ・ザンサンブル・デ・シーンメンバー、練習中。
ふみえちゃんとせのちゃん 演奏会紹介ブログへジャンプ

本番前のオケピット内。
諦めない人たち


英国バーミンガム・ロイヤル・バレエ団2011年日本公演 in東京文化会館 最終日

みなさんこんにちは。

只今東京文化会館にて英国バーミンガム・ロイヤル・バレエ団 ダフニスとクロエと真夏の夜の夢の本番中です。

今、これから紹介するピットで演奏しています。
下手のぞき窓からピット

舞台袖からはこんな感じに見えます。

実は編成が大きく舞台の下に潜り込んでいる部分もあるのです。

中央から下手後方

こちらは下手側。チェレスタがあります。そして真夏の夜の夢の時は江東区少年少女合唱団がここに入るのです。
合唱椅子が見えるかと思います。

チェレスタ前から

チェレスタの席からはこんな感じで見えます。
中央から上手後方

上手の後方は打楽器が入っています。

上手後方

打楽器の方々はこんな感じで見えるのです。

中央から上手側

中央から上手の前方です。

ピット下手側

下手側です。
今回は中央に管楽器が2列。いわゆる普通のオケ並びに近い形でやっています。

そしてピットから客席の写真も撮ってみました。

ピットより客席

こんな感じで見えています。

英国バーミンガム・ロイヤル・バレエ団の公演の今日で最後になります。
ということでこのようなものも作られていました。

作成中のサインパネル以前のBBRのサインパネル

左側が今回の公演の作成中のサインボードで右側は以前のサインボードです。
暗い所で撮ったのであまりよく見えないかもしれませんがご了承くださいませ。

最後に最近JRの上野駅の中がとても改装され色々なお店が入るようになりました。
食べ物屋さんも増えお弁当が買えるお店もたくさんできたのです。
たまたま今日のっている方が買ってきた美味しそうなパンを撮ったのでご覧ください。

パンダパン

なんとパンダです!!
上野動物園にパンダが来てからこういった食べ物も増えてきています。
見るのも1つの楽しみです。

台風が近づいていますが御足下にはお気を付け下さいませ。

mocchie

宮本文昭が語る 東京シティ・フィル第25回ティアラ定期②

6月11日(土)第25回ティアラ定期。指揮者 宮本さんのコメント動画その②をアップします。

その② 作曲家 久石譲さんについて。
(全3回を予定しています)



レ・ザンサンブル・デ・シーン コンサートまであと1週間!!

シティ・フィルメンバーによる室内楽コンサートまであと1週間になりました!!
ここで熱の入ったリハーサル風景をご紹介しましょう。場所はティアラこうとうの地下練習室です。

どれどれ??

P1010653.jpg

おっ!!シューベルト・チームが頑張っておりますよ~

P1010651.jpg

そしてDuoチームも真剣です。

P1010644.jpg

休憩時間も惜しみながら自分のパートとスコアを眺める二人・・・・

P1010655.jpg

ここで桜井さんからのレポートです!!

24日、私達「レ・ザンサンブル・デ・シーン」のシューベルトをヴァイオリンの堀伝さんに聴いて頂く機会を得ました!音楽の流れやアンサンブルの極意を熱っぽくアドヴァイスして頂き、あっという間の3時間が過ぎました。
堀伝さんはシティ・フィルのトレーニングエグゼクティブとして、10年程前までお世話になった方です。
…と、こんなご紹介もなんですね。言わずもがな、N響のコンマスを始めサイトウキネン、水戸室内など第一線でご活躍されているオーケストラの「生き字引」のような方です。いつもシティ・フィルのことを気にかけて下さる心強いサポーターでもいらっしゃいます。

P1010652.jpg

多くのみなさまのご来場お待ちしております!!メンバー一同


Les ensemble des scène 室内楽演奏会
2011/06/01(水)午後7時開演 [午後6時30分開場]
ティアラこうとう 小ホール

Les ensemble des scène 室内楽演奏会

曲目:
グリエール(プロト編) / ヴァイオリンとコントラバスのための組曲
ヴァンハル / ヴァイオリン、ヴィオラ、コントラバスのためのディヴェルティメント ト長調
シューベルト / 弦楽五重奏曲 ハ長調 D956

ヴァイオリン:黒川 史恵、桜井春栄
ヴィオラ:柳澤 崇史
チェロ:薄井 信介、高群 輝夫
コントラバス:瀬野 恒

全席自由¥3,000(高校生以下¥1,000)

主催:レ・ザンサンブル・デ・シーン
協力:公益財団法人 江東区文化コミュニティ財団 ティアラこうとう
後援:東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団

お問い合わせ:
東京シティ・フィル チケットサービス
03―5624―4002(平日 10:30~18:00)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。