スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第250 回定期演奏会リハーサル終了

明日に迫った2011年度の春期の最後の定期演奏会のプログラムは、鈴木雅明さんを迎えてマーラーの交響曲第5番です。今日はリハーサル3日目でした。シティ・フィルでは、オペラ・シティ定期、ティアラ定期の定期会員の皆様を対象にリハーサルの見学会をおこなっていますが、今日は最後の通し練習を公開でおこないました。マーラーのような大編成の曲を練習するときには、ティアラこうとう大ホールでも反響板を上げなければ人が入りきらないのです。写真のように舞台下手はこのようになっておりました。

Image6151.jpg

また今回は対抗配置で並んでいます。第1ヴァイオリンと第2ヴァイオリンが左右に向かい合って並ぶのですが、なるほどマーラーのスコアを見ると第2ヴァイオリンは第1ヴァイオリンにただ寄り添うだけでなく、かなり独立した動きを見せています。このようにマーラーの交響曲はどの楽器も必ず目立つように役割が与えられているという点でオーケストラの魅力を最大限に活かした曲といえるかもしれませんね。ときどき指定によりベルアップする管楽器など、そのあたりも聴き所(見どころ)かもしれません。
とても複雑で緻密なスコアを巧みに交通整理をしながら指揮をしてくださるマエストロは、鈴木雅明さんです。シティの定期ではここ数年、毎年のように来てくださっていますが、昨年のマーラー「巨人」に引き続き、マーラーを振ってくださいます。

Image6191.jpg

この写真のように休憩やリハーサル終了後に、メンバーはタイミングを見計らい個人的な質問をしにいくこともあります。自分のパート譜を見てもらいながら疑問点を聴くと、「そこはスコアにはたしかに書かれていないのだけど、表情を合わせるためにもそうしたほうがいいね。それからここの音符が大事だよ。」といった答えが返って来て、スコアの読み込みの深さやサジェスチョンの的確さなど1流の指揮者のコメントに納得させられます。
今回のマエストロ鈴木雅明さんは、芸大の作曲科を卒業してからオルガニストになられたという経歴だそうです。現在はバッハ演奏のスペシャリストとして世界的に認められている方です。今回の演奏会に向けてコメント映像をいただき、ホームページからU-Tubeで配信させていただいております。お話にもありましたが小学生のころにバーンスタインの指揮するマーラーに感銘を受けられたとのことです。マーラーのような複雑で緻密に書かれたスコアをオーケストラを振りながらまとめていく作業は、「とても面白くてたまらない、幸せだ」とおっしゃっておりました。今回は、交響曲の演奏の前に、震災の追悼の意味でパイプ・オルガンでバッハを1曲演奏してくださるとのことです。パイプ・オルガンと言えば足鍵盤も含めて何段もの鍵盤を操りながら、色んな音色のストップを変えて、同時に5声部や6声部もの一人で鳴らしてします凄い楽器です。一度に沢山の楽器の音を聴き分けるといったオーケストラの指揮へたどり着かれたのは自然の成り行きだったことと思います。
明日の定期演奏会、どのような響きになるのか?お楽しみにどうぞ。

teruotto
スポンサーサイト

東京バレエ団「白鳥の湖」 写真ゆうぽうと篇

6月17~19日五反田ゆうぽうとでありました東京バレエ団「白鳥の湖」公演、お客様大熱狂のうち終了いたしました。
大熱狂とは遠く静かな写真ですが、少しアップいたします。

オーケストラピットの入り口。急な階段です。


オーケストラピットの中。ゆうぽうとのピットは細長いので、端の時差がかなりあります。今回は下手に弦楽器が、上手に管楽器と打楽器が配置されるセッティングでした。


開場前の舞台の感じ。オケピットからの目線です。


下手下の広い空間には、右奥にヘアメークの場所が、左奥ではダンサーの方々が前日の公演をチェックされています。真剣。


オケ楽屋はこの通路一番奥にあります。手前にはバレエシューズ。少し憧れがあります。足痛そうですが。


余談ですが先月、映画「ブラック・スワン」を観ました。なので今回演奏しながらシーンを思い出しちょっと怖いです。映画では第2幕のバイオリンの大ソロ部分を、ピアノ伴奏でバイオリニストがバレエスタジオで演奏するシーンがあったり、やたら浅いオケピットなど面白い箇所もありましたけど。

東京バレエ団 「白鳥の湖」 リハーサル

本日は、東京バレエ団「白鳥の湖」のリハーサルでした。
リハーサル開始! 練習前写真。
明日以降のタイムスケジュールや衣装について、インペクとステマネより伝えられています。ピンぼけ写真で失礼。
リハーサル後 こちらは練習後。
指揮者の井田勝大氏(右側に立っている)とオーボエの二人が音のチェックをしています。

今回の譜面は新しい手書きではない譜面で、カットも新しいところがあり、直したり確かめたりしつつのリハーサルでした。テンポ設定が今までより遅い曲が多いかな。
明日よりオーケストラピットに入って2日間ゲネプロの後、17日(金)~19日(日)五反田ゆうぽうと、21日(火)昭和女子大人見記念講堂、25日(土)新潟県民会館、26日(日)横須賀芸術劇場で公演です。

NBS公演ページはこちら
東京バレエ団公演ページはこちら

チャリティーコンサート in 市川

6月12日(日)午後2時より市川市文化会館大ホール・ロビーにてメンバーによる室内楽チャリティー・コンサートがおこなわれました。このシリーズは都内のプロ・オーケストラのメンバーが出演する室内楽コンサートだそうです。シティフィルよりこの4人が派遣されました。このスペースは大ホールのロビーなのですが、とてもよく響く場所で、よいピアノが置いてありますし、とてもいい雰囲気でした。
会場の雰囲気はこんな感じです。

市川1

座席は100席ほど並べられ、ほとんど一杯のお客様に恵まれました。本番の様子です。
写真はハイドンのトリオを演奏中。
(4人で弾いている本番写真がないのが残念です)

P1010722.jpg

オーボエ 鷹栖美恵子 ヴァイオリン:道橋倫子
ピアノ:志田明子 チェロ:高群輝夫 

DuoやTrioなど様々な編成の曲を盛り込みましたが、最後に4人でチャイコフスキーの「花のワルツ」を演奏。アンコールにはカッチーニのアヴェマリアで締めくくりました。

市川2


最後に全員で記念撮影はいチーズ、お疲れさまでした。
女性陣の衣装はとても華やかでした。

私たちの演奏が東北震災の被災者の方々に少しでもお役にたてることが出来てよかったです。
ご来場の多くのみなさまに深く感謝致します。ありがとうございました!!
これからもオーケストラと共にメンバーの出演する室内楽コンサートにもご期待くださいませ。

teruotto

明日はティアラ定期です。

明日はティアラこうとうで15時より、マエストロ宮本文昭 指揮によるティアラ定期です。
曲目はメインがベートーヴェンの交響曲第5番「運命」。あとはロッシーニの歌劇「どろぼうかささぎ」序曲と、久石 譲「MKWAJU」「DA・MA・SHI・絵」。
2日間のリハーサルがありました。

シティ・フィルは常任指揮者のマエストロ飯守泰次郎で、7日にオペラシティ定期がありました。この時の曲目はチャイコフスキーの交響曲第3番と第4番。
マエストロ飯守のリハーサルは、確固とした飯守ワールドがあり、何回も弾かせて馴染ませる練習というよりは、レクチャーさながらに飯守ワールドの説明があり、それを再現していくといった感じです。

片やマエストロ宮本のリハーサルは、宮本ワールドを楽員に「僕はこうしたいけど今こうなっている。だからこうしてみようか」的に話し合ってどんどん試して、そのワールドを再現していくリハーサルです。
マエストロ宮本とティンパニー黒川さん (休憩時間中、ティンパニー黒川さんに指示を出すマエストロ宮本。
本日は公開リハーサルだったため、お客様も舞台に。)
特筆すべきはご本人が名だたるオーケストラでオーボエを演奏されていたので、特に木管に対してのアプローチは、他の指揮者にはない面白さがあります。座る場所によって起こる時差の対処法とか、弦と合わせる時のノウハウなどなど。私は弦楽器奏者なので、わ~そうしてもらえると嬉しいなぁ!と思う事が多々あります。
もちろん木管だけではなく、金管・打楽器に対するアプローチも、イメージだけではなく実質的な対処法をパートを抜き出して指示する練習なので、変わっていく様はなかなか面白いです。

マエストロ宮本の「運命」、熱いですよ~!
ぜひ明日、ティアラこうとうに足をお運びくださいませ。
7月13日のオペラシティ定期では、マエストロ飯守が「運命」を振ります。同じ曲でオケがどう変わるか、聞き比べも面白いと思います。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。