スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

253回 定期演奏会リハーサル2日目

みなさんこんばんは。
公開リハーサルも終わりあとは明日1日となりました。

今日公開リハーサルにご来場いただいたお客様。誠にありがとうございました。
ぜひ明後日の本番を楽しみにお待ちしていてください。

明後日は会場も変わりますので響きも変わってくると思います。

さてさて朝はスカイツリーの様子をアップしましたが、夜は今日の練習の様子を。(一部昨日の写真もございますがお許しください)

では本番の演奏順で。

まずはアーン
この曲の特徴は弦楽器がないことです。
253回定期演奏会 リハーサル アーン 1
ピアノはなんと今回ソリストでお呼びしている菅野潤さん!!
ハープが2台!!

わかりづらいかと思うのでもう1枚。

253回定期演奏会 リハーサル アーン2

といった感じで演奏されます。

そして次はドビュッシー

253回定期演奏会 リハーサル ドビュッシー

最後はフランク

253回定期演奏会 リハーサル フランク

編成はだんだんと大きくなっていきます。

午前中にも書きましたが11/11はオペラシティはクリスマスツリーの点灯式というイベントがございます。

今回の定期演奏会の開場時刻は18:00!!
クリスマスツリーの点灯式も18:00!!

ということはクリスマスツリーの点灯式をご覧になってからタケミツメモリアルホールへ向かって頂けると座席を確認してロビーコンサートを聴くことが出来ると思います。

金曜日の演奏会は少し時間に余裕を持ってお越しくださいませ。

また本番のときに矢崎彦太郎氏の著書「指揮者かたぎ」の販売・サイン会があるか明日までに確認しておきます。

そして実は最近シティ・フィルではこんなことを始めております。

フォトギャラリーの開催

11/26のティアラ定期もあわせてよろしくお願いします。
こちらのチケットは売り切れ間近です。
お早めにお買い求めくださいませ。

ではー。

mocchie

スカイツリー

こんにちは。
お久しぶりの定点観察です。

もはや出来上がってしまったのでどうしようかと思っていたのですが…

何枚か写真を撮ってみたのでご覧いただこうと思いまして。

まずは見慣れた定点観察の位置より。

定点観察20111109-1

ティアラこうとうの搬入口からです。
はじめのころと比べるとかなり立派な高さです。
そしてちょっと離れた曳舟駅付近から

曳舟付近から

今朝の空はうろこ雲でした。

徐々に近づいていきます。

曳舟と押上の辺りです。
押上付近

近くで見るとこんな感じです。

スカイツリー全体

さらにとなりのビルと並ぶと

スカイツリー隣のビルと共に

来年のの開業が楽しみですね。展望台は350メートルと今の東京タワーより高いとの事です。

さてさて今日の東京シティ・フィルはティアラこうとうで練習をしております。
実は今日は14:20ごろから公開リハーサルを予定しております。

公開リハーサルの詳細はティアラこうとうまでお問い合わせくださいませ。

ティアラこうとう 03-3635-5500

ですよろしくお願いします。

ちなみに午後の練習はドビュッシーとアーンの曲目を予定しております。

演奏会詳細は
第253回定期演奏会 フランス音楽の彩と翳 Vol.18「失われた音を求めて -プルースト生誕140年」

です。
なんとソリストの菅野潤さんがアーンのピアノも弾いていただいております。

また11月11日はオペラシティのクリスマスツリー点灯式が18時よりあります。
当団定期演奏会も18時開場です。
点灯式をご覧になっていただいてから会場へいらしていただけると18時30分よりプレコンサートが行われます。
みなさんのご来場をおまちしております。

では。

mocchie

ボレロ

みなさんおはようございます。

暦の上では今日が立冬のようです。
今日は1日温度が上がらないということですので体調にはお気をつけくださいませ。

さてさて朝から更新させて頂きますが、今日は楽器のことです。

ここのところシティ・フィルは合計3回ほどボレロを演奏させて頂いておりますが、ボレロで実はあまり知られていない楽器がいくつか演奏されているのはご存知でしょうか?

オーケストラではあまりなじみのないサクソフォーンのテナーとソプラノ。
あとは今回ご紹介しますオーボエ・ダモーレです。

オーボエ・ダモーレはオーボエとコールアングレ(イングリッシュホルン)の間の音域の楽器でオーボエがC管なのに対してオーボエ・ダモーレはA管なのです。

と色々と話しても何がなんだかわからないと思いますので写真を!!

オーボエ・ダモーレ

机においてあるときに撮らせて頂きました。
これでは大きさ等が良くわからないと思いましたので・・・
こちらの写真を。

オーボエ奏者加藤仁礼氏と共に

右側に写っているのは今回3回ともオーボエ・ダモーレを担当して頂いたオーボエ奏者加藤仁礼氏です。

これでも良くわからないとおっしゃる方!!
きっとたくさんいると思いましたのでお願いしてオーボエと並べて写真を撮らせて頂きました。

オーボエとオーボエ・ダモーレを並べると

どうでしょうか??
右側がオーボエ・ダモーレ、左側がオーボエです。
大きさもひとまわり大きく、リードの付ける部分にボーカルのような管も付き、ベルが膨らんでいますよね。

楽器紹介でした。

今日から253回定期の練習が始まります。
個人的にはアーン の ベアトリス・デストゥの舞踏会が気になっています。
弦楽器のない編成とのことですので・・・

詳しくはこちらを是非ご覧くださいませ。

■第253回定期演奏会 フランス音楽の彩と翳 Vol.18 「失われた音を求めて ― プルースト生誕140年」

では、また。

mocchie
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。