スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第267回定期演奏会に寄せて

第267回定期演奏会でシベリウスのヴァイオリン協奏曲を弾いてくださる、パリ管・副コンサートマスターの千々岩 英一さんが、演奏会に寄せてコメントを書いてくださいました。
シティ・フィルのHPに記載されている文を、こちらにも転記させていただきます。



演奏会に寄せて~千々岩 英一

 シベリウスと宮沢賢治。同時代を生きた二人の芸術家の類似性について作曲家の吉松隆さんが書かれた文章を、 読んだことがあります。 吉松さんは、シベリウスが題材に用いた北欧神話と賢治のファンタジーに多くの共通点を見出し、 「共に北の辺境に生まれ育ち、一種の土俗的かつ民族主義的テイストを基盤に作品を紡いだ」と 書いておられます。

 ヴァイオリン協奏曲を賢治の作品に無理やり例えれば、吉松さんのおっしゃるとおり、 童話「セロ弾きのゴーシュ」でしょうか。 若いときにプロのヴァイオリニストを目指していたシベリウスと、音楽団員ゴーシュが繋がるわけです。 私も、ゴーシュが弾く架空の作品「印度の虎狩」は、シベリウス第一楽章の荒々しい終結部に似合うと思います。

 協奏曲は、シベリウスが真に独創的な作風を突き詰める前の、後期ロマン派的な雄弁なスタイルで書かれています。 独白的な性格のヴァイオリン独奏部と、火山の溶岩のように燃える総奏部の対比が著しい第一楽章、 続く第二楽章で独奏とオーケストラが歩み寄って一体となり、最終楽章は、共に燃え尽きるまで繰り広げる民俗舞曲、いわば「死の舞踏」。 オーケストラプレイヤーとして、何度伴奏しても喜びが尽きない数少ない協奏曲のひとつです。 私にとってこの曲の最も感動的な場面は第一楽章第二主題回帰前のトゥッティ部分にあり、 宮本文昭監督率いるシティフィルがその高まりをどう表現してくださるか、共演を今から楽しみにしています。

2013年1月、雪のパリにて
千々岩 英一


「雪のパリにて」・・・なんてカッコイー^^*
千々岩さんは2007年にベルクのヴァイオリン協奏曲(阪哲朗指揮)、2008年にエルガーのヴァイオリン協奏曲(飯守泰次郎指揮)を弾いてくださり、今回が3回目。久々の共演です。いつも温かく深い音色で千々岩ワールドを奏でてくださいます。どんなシベリウスかなぁ!わくわくします。

千々岩さんのウェブサイトへジャンプ

スポンサーサイト

沖縄本番2時間前


ホールから徒歩15秒で海。
最後の本番2時間まえ。

tak

あと一公演を残すのみ

昨日はマエストロ佐渡裕氏指揮で、東京オペラシティでの定期演奏会でした。
慣れ親しんだ響きのホールでのコンサート。
本番前の練習で、マエストロの的確な指示が飛びます。
真ん中の大きな背中がマエストロ。遠~くてもよくわかりますね^^
20130216.jpg

佐渡ツアーもあと明日の沖縄公演を残すのみとなりました。
各地でスタンディング オベーションがあった大盛り上がりのツアー。
ご来場下さったお客様、皆さまの温かく熱い眼差し、エネルギーをたくさんいただきました!
感謝いたします!

題名のない音楽会

本日は、題名のない音楽会収録on初台オペラシティ。

けっこう久しぶりの収録。
明日からのツアーの曲を題材にしつつ、題名のない音楽会らしい面白い収録でした。


今日の収録中では佐渡マエストロの高度に音楽的なお話が聞けたのですが、
詳細は放送を見てのお楽しみです。
…ネタバレしない程度にってどう書けばいいんだ。



ええと。

私個人としては指揮者は大きく2タイプに分かれる気がしています。
歌で持っていくタイプとビートで持っていくタイプ。
もちろんどちらもどっちかだけということはなく、どっちがいいってのでもなく。

佐渡マエストロの印象は圧倒的に後者なのですが、本日の収録中のお話でも
その辺の高度な技術とこだわりを垣間見た気がしたのでした。
指揮者になりたい人は見るべき。
どれくらい放送されるんだろ…。


青島先生もいつものようにスバラし楽しいお話でしたー。ハイドン好きは見るべき。
どれくらい放送されるんだろ…。



静かに開場を待つ舞台    題名開演前20130206


本番前舞台袖。カメラがっっ  題名舞台袖20130206


で、大変重要なことをチェックし忘れていたのですが…
放送日は確認して追記しまする。

tak

テーマ : クラシック - ジャンル : 音楽

マエストロ佐渡裕氏ツアー

東京シティ・フィルビッグイベント、世界に誇るマエストロ佐渡裕氏ツアーのリハーサルが始まりました!
なんと日本国内8か所と2月16日のシティ・フィル第266回定期演奏会、合計9回のコンサートです。

プログラムはマエストロが「古典落語がそろった様な」と仰るラインナップ。何回も演奏しているから難しいし、お客さまも良く知っていらっしゃるから難しい。でもマエストロからあふれる音楽性と魅力、ぐいぐい引っ張るパワーで新鮮にリハーサルは行われています。

私は入団して20数年経ちましたが、このようなツアーは初めて。毎回のコンサートもワクワクしますが、最後のコンサートを終えた時オーケストラがどんな音になっているのか今から楽しみです。

2月7日(木)足利市民会館 開演19時
2月8日(金)山形県民会館 開演19時
2月9日(土)郡山市民文化センター 開演15時
2月10日(日)岩手県民会館 大ホール 開演15時
2月11日(月)東京エレクトロンホール宮城 開演14時
2月13日(水)ひこね市文化プラザ グランドホール 開演18時30分
2月14日(木)堺市民会館 開演19時
2月16日(土)東京オペラシティコンサートホール 開演14時
2月18日(月)沖縄コンベンションセンター劇場 開演19時




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。