スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

題名のない音楽会

本日は、題名のない音楽会収録on初台オペラシティ。

けっこう久しぶりの収録。
明日からのツアーの曲を題材にしつつ、題名のない音楽会らしい面白い収録でした。


今日の収録中では佐渡マエストロの高度に音楽的なお話が聞けたのですが、
詳細は放送を見てのお楽しみです。
…ネタバレしない程度にってどう書けばいいんだ。



ええと。

私個人としては指揮者は大きく2タイプに分かれる気がしています。
歌で持っていくタイプとビートで持っていくタイプ。
もちろんどちらもどっちかだけということはなく、どっちがいいってのでもなく。

佐渡マエストロの印象は圧倒的に後者なのですが、本日の収録中のお話でも
その辺の高度な技術とこだわりを垣間見た気がしたのでした。
指揮者になりたい人は見るべき。
どれくらい放送されるんだろ…。


青島先生もいつものようにスバラし楽しいお話でしたー。ハイドン好きは見るべき。
どれくらい放送されるんだろ…。



静かに開場を待つ舞台    題名開演前20130206


本番前舞台袖。カメラがっっ  題名舞台袖20130206


で、大変重要なことをチェックし忘れていたのですが…
放送日は確認して追記しまする。

tak
スポンサーサイト

テーマ : クラシック - ジャンル : 音楽

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。