スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初日リハーサル

今日は第271回定期演奏会のリハーサル初日でした。
全体

最初にマーラーの10番をやったので、その特殊楽器を紹介していきます。

今回は対向配置(ファーストヴァイオリンとセカンドヴァイオリンが左右に分かれる配置)なので大編成では、とても難しい事です。(上記画像参照)

舞台に向かって右側を上手(かみて・・・じょうずとは読まない)左側を下手(しもて・・・・へたなんてとんでもない)と言いますが、ファーストヴァイオリンが下手、セカンドヴァイオリンが上手に位置している感じです。

その上手側のセカンドヴァイオリンの後ろに打楽器群が来ていまして、なんと今回はドラが3つもありました。
ドラ3つ

そのドラに使うバチがこれです。
ドラバチ

その奥には打楽器のスティック群がありました。
打楽器スティック

その奥がティンパニーが4つあり、使うバチが下の画像でした。
ティンパニーバチとコントラファゴット

あっと、横にファゴットみたいな、でも大きい楽器が写ってしまいましたね。
これは、コントラファゴットといい、これも特殊楽器です。
ちゃんと専用のスタンドに置かれていました。
コントラファゴット1
コントラファゴット2

下から見た感じです。
コントラファゴット3

コントラファゴットの後ろにはチューバがありましたが、そのミュートの大きさがほとんど楽器と同じくらいの大きさなのにはびっくりしました。
チューバとミュート

下手のファーストヴァイオリンとチェロの後ろにハープがありました。
ハープのトップ

そして、なんとコントラバスが今回はオーケストラの一番奥の一番高い位置に横並びに並んでいるではありませんか!!
今回はコントラバスが一番上

これだけのセッティングを朝からしていたスタッフには、本当にお疲れ様です。
毎日「あと何日で休みが来る」と、まるでお正月の歌のように数えていました。
今日と明日は同じ場所ですが、明後日は、また移動なので、全部撤去して積み込んで移動してセッティングして・・・また撤去して、翌日はオペラシティです。
100人規模のオーケストラのセッティングを更地のステージにひな壇組みから、人数分の椅子並べ、譜面台の組み立て、たたみ、その他楽器のスタンド、置き場までするのだから普通なら10人~の人数がいないと出来ない作業を数人でするのですから凄いです。

そんな中、お菓子の差し入れがありました。
あっという間にどんどん消費されていくのが凄いです。
差し入れのお菓子

今回の指揮者は下野さんです。
下野さんは、よく面白いTシャツをリハの時に着てくるのですが、お顔を出すと恥ずかしいという事で、わがコンサートマスターの戸沢さん(通称:社長)と表裏のカップルのような感じで撮らせて頂きました。
社長と下野さん1

なんだか「二人はわけあり」な感じですよね。
その後、下野さんが違うTシャツに着替えてきたので、それも面白くて撮らせて頂きました。
社長と下野さん2

こちらは、少々難あり・・・ではなくて、わけありでした。
先ほどよりも、ちょっと緩和されたのでしょうか・・・・

今日は、メインのジュピターのリハ順が3楽章→4楽章→1楽章と進んだのですが、2楽章を、なんとやらなかったのです。
丁度、休憩時間に差し掛かったのでインペク(インスペクター)が「そろそろ休憩を取らせて下さい」と言ったら、下野さんが「みなさんお疲れでしょうから2楽章は明日やることにしましょう。今日は、これで終わりにします。いや、今、言われたから終わるという事ではなくて、前々から計画して思っていたことだったので、ご自分を責めないで。」と面白く言って初日のリハは終わりになりました。

本当は、もっと面白い事も言っていたのですが「ブログに載せないで」と釘を刺されたので、載せれません。
どうか、ご了承ください。

という事で明日のジュピターのスタートは2楽章からになりました。
それにしても4楽章が、ものすごいテンポに感じられたのは気のせいでしょうか?
早く馴れなければ・・・・・

明日は年間数回ある公開リハーサルです。

ペン太

テーマ : クラシック - ジャンル : 音楽

ロイヤルバレエが終わりました。

今月初日から始まった長いロイヤルバレエの全公演が昨日終わりました。
今回は、初めて演奏する「不思議な国のアリス」が最初に、しかも対向配置であったので、初日からの緊張は、それはそれは、半端なものではありませんでした。
全員が前々から勉強して、練習して、少ないリハーサルに挑むまでの道のりは、大変な事だったと思います。
表向きには華やかな本番日だけが公表されていますけれど、まるで、水鳥の水面下の足さばきのような感じですかねえ。
苦労話はこの辺りにして、今回のオーケストラ側のネタを振り返ってみましょう。

下記の画像は「不思議の国のアリス」で白うさぎが舞台上で吹いていた角笛の「本物の音を出す楽器の方」です。
角笛

本当に世界でたった1つしかない特注品の楽器らしく他のオーケストラの人からも「欲しい」と言う声があったようでしたが、バレエ団の物になっています。
今回は、当団のホルン奏者の方が「初めて吹く楽器なので早く練習したいので前もって手にしたい」と言っていましたが、とても大事なもの(何せ世界でたった1つの楽器)なので前回の海外公演を終えて、日本に来るときに楽譜と一緒に来たのではなくて、大事に飛行機持ち込みで直接手渡しされたみたいでした。
角笛ケース

これに、ホルンのマウスピースを付けて吹く仕組みになっています。(下記画像)
角笛吹き方

これで、あの独特なターザンのような音が出るのですね。
最後のオクターブ上の音を出すのが難儀だったようです。

これが今回の全公演共通の有料プログラムの表紙です。
中身は残念ながら、お見せできませんが、立派なものです。
今回のプログラム表紙

ちょっとした幸せな事がありました。
男性楽屋にいつも有料のコーヒーがあるのですが、なんとそれが最終日に限り、お疲れさまと感謝を込めてスタッフが無料にしてくれたのでした。
ちょっとした幸せな気分

楽員が本番中に大きいドリップで作り、大型ポットに入れておくのですが、休憩のわずかな時間に結構な勢いで、なくなっていきました。

公演が終わると凄い雷雨でした。
そのなか、傘をさした、沢山の出待ちの人だかりが楽屋出入り口前に出来ていました。
出待ちの人だかり

さて、シティ・フィルは連休も休まずに連続仕事が続きます。
今日は東京シティ・バレエ団との共演「トリプル・ビル」のリハーサル
グランドバレエ

明日からは第271回定期演奏会のリハーサル
第271回定期演奏会

ペン太

英国ロイヤル・バレエ団最終日

今日は東京公演最終日です。
連日暑い中、楽屋入口にはたくさんのロイヤル・バレエのファンの方々が、ダンサーの入り&出待ちをされていました。上野駅改札から楽屋口まで歩くだけでも大変暑いので、水分補給や日除け対策をされてください!救急車が来たこともあったそうです。

さて楽屋付近で撮った衣装写真を少しばかりアップします。
まずは「白鳥の湖」といえばこれでしょう!たくさんの白鳥たちのチュチュ。
 

舞台がちょっとだけ見える席のプレーヤーが、これは本当にトレーンが美しいのよ!と教えてくれた第3幕の女王様の衣装と、廊下のそこここにある衣装。
 

毎日衣裳係の方々が、衣装のメンテナンスをしていました。


最後にロイヤル・バレエの衣装つづら。
 

明日からは東京シティ・バレエ団の創立45周年記念公演シリーズⅣ「トリプル・ビル」リハーサル、そして7月19日が本番の東京シティ☆フィル第271回定期演奏会のリハーサルが始まります。

今日から「白鳥の湖」公演です。

昨日は今日から始まる英国ロイヤル・バレエ団「白鳥の湖」舞台練習合わせでした。
オーケストラリハーサル開始ぎりぎりまで、舞台上で場当たりをしています。


場当たりは舞台下手のバレエ団のピアニストの演奏で行われていました。
オーケストラピットは「不思議の国のアリス」の時より浅く、楽器の配置も変わりました。ピットの深さや楽器の配置は、指揮者や曲によって変わります。

第1、2幕が続くバージョン。第4幕にショパンの曲などあまり普段演奏されない曲が二曲入ります。

「白鳥の湖」とガラ公演のリハーサル

本日は猛暑の中、朝霞で英国ロイヤル・バレエ団「白鳥の湖」とガラ公演のオーケストラリハーサルでした。

朝霞といえばなんたってアサカベーカリー^^
このパン屋さんを楽しみに、遠い道のり(うちからは)がんばって朝霞に向かいました。


ボリューミーでリーズナブル♡

購入したアサカベーカリーのパン。もちろん1人分ではありません^^;
焼きそばパンならぬケチャップスパゲッティが、海老カツサンドやハンバーグサンドにたっぷり入っています。

次の写真はビオラパート譜の落書き。ビオラパート譜には落書きがとっても多いのです。
想像力豊かなのか?ヒマなのか?
 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。