スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第271回定期演奏会終わる

無事に(?)第271回定期演奏会が終わりました。
オペラシティ1

やはり、オペラシティは、違いますね。
オペラシティ2

演奏者が舞台から客席を見ると、こんな感じです。
オペラシティ3
オペラシティ4

さて気になる下野さんのTシャツですが、今回は、無地で文字無しでした。
もしかして、ネタ切れでしょうか?
下野さんGPTシャツ

と、思ったのもつかの間、前面に書いてありましたが、都合上、撮れませんでした。

シティ・フィルは、定期や自主公演の時(ティアラでもオペラシティでも)には、本番前に
弦雑誌の「サラサーテ」との約束(シティの広告を出させて戴く代わりに巻末の譜面を実際に演奏するという取り決め)で、弾くことになっています。
今回は指揮研究員の平川君がマイクを握っていました。

今回は、最初はヴァイオリンとヴィオラでした。
プレコン1
プレコン2
プレコン4

後半は木管アンサンブルでした。
プレコン6
プレコン8

凄い人だかりでした。
プレコン14
プレコン13
プレコン12

真上から撮ってみました。
プレコン11
プレコン10

平川君です。
プレコン5

さて、ロビコン(ロビーコンサート)が終わると本番まで10数分しかありません。
最初のマーラーは、終わると1曲目なのに、「ブラボー」がかかるくらい、良かったみたいでした。

ベルクでは、ソリストの音に魅了されて、ややもすると聞き惚れてしまい、弾いていることを忘れて落ちてしまう(楽譜を追っていたのを見失ってしまう)危険すら感じさせられるほどでした。

最後の大編成のジュピターは、多分聞いていた側の方が圧巻だったかと思います。

カーテンコールの時に下野さんが楽譜を指揮台の譜面台から持ち上げて、アンコールがない事をアピールして、終わりになりました。

明日は、東京シティ・バレエ団との公演初日です。

ペン太
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。