スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Symphonic Night 2009年宇宙の旅本番。

本番でした。

今日の本番は、宇宙をイメージしたような照明と、久石さん、平原さん、オケ、イメージ映像が流れる大きなモニター付きのステージで、明るい照明一辺倒のクラシック音楽本番とは違う感じで新鮮でした。
平原綾香さんの歌も良くて、新世界のラストでは日本人にはなかなか出せないと思われるマライヤキャリーばりの高音ののばしがホール中に響いていました。
海王星、冥王星の栗友会合唱もきれいで。

冥王星は「惑星」を既知の方にはどう聞こえたのかがちょっと気になります。
今日のプログラムを見たら作曲者はマチューでもマシューでもなく、マシューズさんであることが判明←ダメすぎ


tak

コメント

キラキラなステージ

を想像しただけでワクワクします!
お疲れさまでした~

「新世界」の予想外な箇所、予想してみたりして…
当たってなかったら恥ずかしいので書きませんよー


前にここで話題になった譜面灯、急きょ必要になり昨日晴れて購入しました!
触覚みたいなのです。
かっこいい~
(*^▽^*)

映像スクリーンには、曲に合わせてそれぞれの惑星が映し出されて、プラネタリウムみたいできれいでした~個人的には、土星の映像がお気に入りでした。

譜面灯は、こないだのカプリッチョの時判明しましたが、3回本番で使用すると、電池が弱って暗くなるみたいです。電池を変えたら、ひじょーに明るくなりました。

コメントの投稿

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。