スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第235回定期リハ1日目

あけまして、おめでとうございます!・・・ちょっと遅いですが。
今日がシティ・フィルの仕事始めでした。
本年も、どうぞよろしくお願いいたします。

仕事始めの今日は、第235回定期演奏会のリハーサル。
演目は、シリーズ化されている、当団首席客演指揮者マエストロ矢崎プレゼンツ、
フランス音楽の彩と翳 Vol.16「麗しのマリアンヌ」。
第235回定期演奏会のちらし
三曲とも、オケ人生あと数カ月で18年の私にとって、初!!
もうちょっとだけ長い2nd Vn首席も、すべて初だそうで、大変レアなプログラミングです。
中でも私達を悩ませているのが、マニャールの曲。
シャープ7つって、いったい・・・

マエストロ矢崎曰く、この曲の初演数ヵ月後にマニャールはドイツ兵に殺され
(第一次世界大戦)、家も焼かれてしまったそうです。
この曲は幸い初演後だったため譜面がありますが、多くはこの時失われたそうです。
焼失後/再建後 本の表紙
焼失後/再建後     ←この本の表紙/マニャールの顔
マエストロ矢崎所有。フランス語です!

マニャールはフランス人ですが、ベートーベンやブルックナーなどのドイツ音楽に傾倒。
マエストロ矢崎は「だからここは、ドゥビュッシーではなくブルックナーみたいに弾いてよ」と
チェロに指示を出されていました。

さて今日は、コンマス戸澤氏の差し入れがありました。
小型風船型ようかんで、食べるには楊枝の一突きが必要です。
疲れた脳に、大変美味しい甘さでした^^
社長のお菓子

テーマ : クラシック - ジャンル : 音楽

コメント

コメントの投稿

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。