スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

都民芸術フェスティバル 本番

ゲネプロでは、「ローマの松」の鳥やバンダのトランペットの音調整をしました。
「ちょっと、鳥、鳴きすぎなんじゃない?」とか、ただそれだけ聞けば変わった会話。

以前マエストロ矢崎がフランスのオケで「ローマの松」を指揮した時、
鳥はテープではなくプレーヤーが鳴いたそうで、でも本番まで頑として鳴こうとしない。
いざ本番でその場面になったら、なんと「こーけこっこー!(のフランス語)」と
鳴いたそうです。そりゃびっくりしたでしょうね?!

メンコンの漆原朝子さん、美しかったです。
ご本人は「そんなには・・・」とおっしゃっていた演奏回数も、40数回とご立派。
アンコールも弾いて下さり、聞き惚れました。美しい。

終われば粉雪がちらついていました。
本番のブログって難しい。
上手くいったなぁと嬉しかったり、上手くいかなかったなぁと反省したり。
寒い中ご来場下さった皆様、ありがとうございました。
ライブならではの「面白い瞬間」を見つけて下さったなら、嬉しいです。

テーマ : クラシック - ジャンル : 音楽

コメント

溌剌として時にはふんわり柔らかい「イタリア」、漆原さんのソロが繊細でうっとり~の「協奏曲」、華麗でかっこいい「ローマの松」。
どれも本当に素敵で感動しました!
お疲れさまでした!!

アンコールで矢崎氏が棒を振る直前に「来る!」と思ったら、やっぱり来ましたね~♪
最近、感が冴えてるんです☆

バンダのトランペットは私の席からは見えず残念でしたが、鳥はよく鳴いてました(笑

>エスプレッソさま
ご来場、ありがとうございました。
鳥、よく鳴いていましたか(笑)
いつも素敵なコメントをありがとうございます~

コメントの投稿

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。