スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フレッシュ名曲コンサート ?ショパン生誕200年をたたえて 2?



毎年お世話になっている、狛江エコルマホール「フレッシュ名曲コンサート」リハでした。
曲目は、ウェーバー歌劇「魔弾の射手」序曲、ショパン ピアノ協奏曲第2番、ベートーベン 交響曲第7番。

指揮は我がマエストロ飯守。今回ベートーベンは新ベーレーンライター版を使用しますが、飯守節炸裂です。もういっそ、既存の「なんとか版」を使うのではなく、「飯守版」の譜面を作った方が良いんじゃないかなぁ、と思います。
例えば、マエストロは、アクセントとは違って、その音に重さが欲しい時「おわん」と仰い、そして「おわんマーク」も存在します。独特の間合いなど全部ひっくるめて「飯守版」を作っちゃう・・・いかがでしょう?

ショパンのピアノ協奏曲を弾くのは、北村朋幹さん。
今春から大学に通う若者ですが、とても安定しているし魅力的です。

本番は明日27日、狛江エコルマホールで17時開演。

ちらし

テーマ : クラシック - ジャンル : 音楽

コメント

コメントの投稿

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。