スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フレッシュ名曲コンサート ?ショパン生誕200年をたたえて

ゲネプロが最初の半分公開でした。


公開リハ曲はベートーベンの7番。
飯守先生の棒だと本番が2回状態な公開リハなコトもあるのですが、今回は時間の都合もあって全部はやらずに進んでいくゲネプロ。
3楽章で「ここの繰り返しはやらないんですよね」で確認に時間がかかったりしましたが、その作業ですっきり本番にいけるなら必要な時間で。
本番で繰り返しが混乱したりすると本気で凍ります。



本番。の前には飯守先生プレトーク。
本番前によく演奏曲のレクチャーをされるのですが、ゲネプロも含めて体力や集中力のタフさはすごいなと感じます。
某のだめで普段にクラシックを聴かない人にも認知されるようになった感のあるベト7ですが何度やっても熱いです。


5月31日のオペラシティ定期でも飯守泰次郎指揮によるベト7が。



ソリストの北村朋幹さんは若いのに演奏もすごく洗練されていて、某女性団員が「かわいいー、かっこいいー、音きれいー」等、いろんな賛辞を送っておりました。
今回のブログ頼めばよかった☆

コメント

コメントの投稿

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。