スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ティアラ定期リハ

2日め。

今回はもうそろそろ皆さんに認知されたいわゆる対向配置です。
1stViolinと2ndViolinが向かい合うアレです。

だから何ということはないのですが、やっぱり音を出すタイミングやアンサンブルで聞こえてくる音がいつもを少々違うのが新鮮といえば新鮮、気をつかうといえばそんな感じです。

さらに今回、モーツァルトのハフナー、レクイエムでは全部ノン・ヴィブラート、
合唱も東京シティフィル・コーアさんはオーディションをクリアした精鋭ということで
ゴリゴリしない古典派のモーツァルトになるのではと思われます。

もちろんどんな曲でも我がシェフ飯守泰次郎の棒はいつものように熱いですが。
あと今回はソロの響きっぷりもすごいです。(ハードル上げ

写真は声だしするシティ・フィル・コーアの皆様。コーア写真


明日土曜15時本番。14時半からは28日に演奏会を行うメンバー、Les ensemble des sceneによるプレ・コンサートも。

コメント

コメントの投稿

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。