スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

~団員の団外コンサート~ アンサンブル・ド・シーン 続編

Les ensemble des scène 室内楽演奏会3

4/28(水)Les ensemble des scene 室内楽演奏会3 ちらし 

アンサンブル・ド・シーン」ヴァイオリンの桜井春栄です。
今回の演奏会には、シティ・フィルのヴィオラゲストトップ奏者、柳澤崇史さんが参加します。いつもとても元気で、若いパワー全開!心強いサポートを得て、楽しくも熱いリハーサルを重ねています。
そして、プログラムには新たな一曲を加える事になりました。
モーツァルトの「ヴァイオリンとヴィオラのための二重奏曲 ト長調 KV.423」です。
メンバー一同、はりきって準備をしております!

桜井さんから紹介していただきました、ヴィオラの柳澤崇史です。
先日の第22回ティアラこうとう定期演奏会では、このメンバーで開演前ロビーコンサートに出演しました。ホルンと弦楽器という編成のインパクト。そして馴染みは薄いかもしれないけれど美しい作品。短い時間でしたが、お客様と至近距離という環境の中、楽しんでいただけたのではと感じています。
最初のうちは探り探りだった合わせも、意見を戦わせ、そこから生まれたアイデアを次々試し、回をおうごとにヒートアップしています。果たして最後にどのような音楽に成長したのか。
当日会場にお越しいただいたお客様に見守っていただくとともに、一緒に楽しいひと時を過ごしていただければ幸いです。

ホルン、小林祐治です。
今回、ホルンと弦楽器の室内楽という事で、普段なかなか聴く機会の少ない編成ですが、名曲を集めてみました。
ホルンは、ケルビーニとターナーのソナタを演奏しますが、生きた時代も国も全く違う作曲家です。ソナタという共通項の中で、両氏の違いをどう出すか…また、その中でホルンの魅力をどう出すか…と試行錯誤しながら練習中です。
あと、これは余談ですが、ターナーのソナタは、なぜか楽譜の音のミスが多く、最初の練習はそれらを直していく作業で少し手間がかかりました。難しい曲な上、「ミスなのか!?わざと変えてあるのか!?」、考えながらのリハーサルでした。ターナーに直接聞けば早かったんですが…(笑)
これからは、本番に向けてリハーサルも仕上げに入っていきますが、普段、オーケストラの中で培われた、この仲間のアンサンブルを、様々な編成で楽しめると思いますので、是非ご来場下さい。
4月28日(水)ティアラこうとう小ホールでお待ちしてます。

編集:麻

テーマ : クラシック - ジャンル : 音楽

コメント

コメントの投稿

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。