スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

金剛山歌劇団 創立55周年記念特別公演リハ

金剛山歌劇団 創立55周年記念特別公演「朝鮮舞踊のシルクロード」のリハでした。
こちらの歌劇団さまとは、今回で三回目になる公演。
過去2回あった公演は、新宿文化センターの舞台上で、歌手の方々や民族楽器の方々のバックでの伴奏でしたが、今回は全員ピットに入り、舞台上では舞踊の方々がパフォーマンスされます。

やはり朝鮮独特のリズムは難しく、アタフタしつつも、なんとも美しいメロディーラインに浸りました。オケの前では、舞踊の方々が踊っていらっしゃいましたが、とても余裕がなくて・・・明日は少し拝見できるかしら?創立55周年記念ということもあり、皆さまの意気込みはすごいです。

日時 5月6日(木) 18:30開演(18:00開場)
場所 東京文化会館
演目 「荒波を越えて」「サダンの舞」「月明かりの下で」
「願う心はひとすじに」「チェンガンの舞」「高麗三神の舞」「大河」etc.
指揮 金成哲
演出 金宰鉉
出演 金剛山歌劇団民俗舞踊団、金剛山歌劇団声楽部

金剛山歌劇団HP
東京文化会館 この公演のページ

テーマ : クラシック - ジャンル : 音楽

コメント

コメントの投稿

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。