スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東京バレエ団「オネーギン」公演終了

東京公演ちらし表 東京公演ちらし裏
昨日23日、神奈川県民ホールで、東京バレエ団「オネーギン」の公演が終了しました。
この公演は5月14日?16日まで、上野の東京文化会館であり、一週間あいて場所を横浜に移しての最終公演。
東京バレエ団さんの創立45周年記念公演ファイナルでもあり、日本のバレエ団の中で初上演。シュトゥットガルト・バレエ団の芸術監督が来日、指導されるなど、大変力の入った公演でした。

今回オケピットの弦楽器の並びは、舞台上と同じ並びで、ビオラは指揮者の右側、客席側の壁際でした。弓が進む方向に壁があるので、譜面台の左側に座る人は椅子の背を壁につけて舞台に向かって座り、体を左にねじって演奏します。結構無理がある座り方とご想像いただけると思いますが、この席、すこーし曲中休みがある時、舞台の前方が目に入るので、楽しかったりもします。

東京公演の3日間、主役や主要キャストが毎日違い、それぞれのタチアーナとオネーギンの表現が素晴らしかったです。個人的には3幕の、美しくなって人の奥さんになったタチアーナを見て、大ショックを受けるオネーギンのシーンが、毎日楽しみでした。2幕の暗いタチアーナから大変身して、暖色系の衣装をまとって本当に美しいんです!

今回衣装も真新しく、デザインも可愛かったんですが、写真に撮る余裕が無くて・・・残念。
昨日は主役の、斉藤友佳里さんより、おいし?いシュークリームの差し入れをいただきました。ご馳走様でした!

写真がたくさんの東京バレエ団ブログのページ

テーマ : クラシック - ジャンル : 音楽

コメント

コメントの投稿

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。