スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ベートーベン交響曲全曲シリーズ 第1回(第239回定期) 本番

昨夜は沢山のお客様にご来場いただき、ありがとうございました!
mocchie君のGP日記にありますように、目いっぱい時間を使ってのゲネプロ。正直本番最後まで持つかしら?と不安になり、休憩時間に血糖値をがーん!と上げて乗り切ろうと、甘味を用意して臨んだ本番。事実、お砂糖の力、さまさまでした。

今回マルケヴィチ版ベートーベン交響曲全曲演奏会の第1回目として、交響曲第4番と第7番を取り上げましたが、演奏している回数も多いからか、私は第7番の方がボーイングやクサビとスタッカートによるニュアンスの違いが、よりはっきりと感じられて面白かったです。皆さまはどんな感想をお持ちでしょうか。舞台上の熱気や、何かしら「面白い」を感じて下さったなら、嬉しい限りです。

次回のベートーベン交響曲シリーズは、7月15日(木)に交響曲第6番「田園」と第8番を演奏します。どんなマルケヴィチ風なのか、今から譜面を見るのが楽しみです。このシリーズが終わる頃には、すり込まれていそう!また是非足をお運びいただけたら幸いです。

最後に、リハーサル時にtakちゃんが、マエストロの話がわかりやすいようにと回してくれた、メモをアップします。このメモにずいぶん助けられました。

ドイツ語詩の韻律格4種 メモ <ドイツ語詩の韻律格4種 メモ

テーマ : クラシック - ジャンル : 音楽

コメント

日にちがたってしまいましたが、定期お疲れ様でした!
聞かせていただきました♪

オケの皆様方は‘お砂糖の力で’本番を乗り越えられたとか・・・
あのエネルギッシュな演奏はそこからきていたんですか~
・・・な~んてそうじゃなく皆様の‘音楽に対する情熱で’でしょ? ^^
本当に、特に最後のあたりはオーケストラが一つの生き物のようになってガーッと突き進んで行く、といった感じでした。
ベートーヴェンシリーズ、これからも楽しみです。(*^-^*)

>エスプレッソさま
お返事遅くなってごめんなさい。いつも応援をありがとうございます^^♪
オーケストラが一つの生き物のようだったとは、嬉しいコメントです。
エネルギーはエスプレッソさんの書かれた通り、きっと情熱なんでしょうね。 音楽が好きという気持ちだったり、なんか楽しいぞ~!とか、よっしゃ~やったる~!みたいな感情。 甘味は・・・まぁ流してやって下さいませmm
またのご来場とコメント、お待ちしています。

コメントの投稿

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。