スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ちょうふ音楽祭2010リハーサル

ちょうふ音楽祭2010リハ。

今回は調布グリーンホール。

指揮の本名徹次さんはいつもオーケストラを対抗配置(1stViolinと2ndViolinが向かい合う)で演奏されます。
時代的奏法や目新しい楽器配置等を色々試す指揮者はいらっしゃいますが本名さんはベートーベンでも現代曲でも一貫して対抗配置です。
演奏場所でアンサンブルの聴こえ方はがらっと変わるので、最初から心の準備が出来ているのは急に今回は…と言われるよりいいです。

あと今年はショパンイヤーということでショパンのピアノコンチェルト1番をショパン国際ピアノコンクール4位入賞者、山本貴志さんが。
今回のリハは一回しかないのですが、オケ合わせの前後ほんの10分の休憩時でも本番のピアノに慣れようということなのか、ずっとピアノを弾いていらっしゃいました。


そして市民音楽家公募に応募していただいた16人とシティフィル合同でマイスタージンガーを。

本番は27日。


tak

コメント

コメントの投稿

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。