スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

阪 哲朗氏の定期

こんばんは、kassanでございます。
震災後、初めてです。
元々筆無精ではありますがあの震災でなんか気力がなくなってしまい、書く気持ちになれない感じでしたが、いつまでもこのままじゃダメだ!
ということできょうは定期も終わったことだし書くことにしました。
指揮者の阪哲朗氏とはもう長いつきあいです。
何年前だろう?サントリーで初めてうち の定期に来てくれた時、バスでファンが大挙して来たものです。
音楽的な力、センスももちろんありますがなんといっても顔がいい!やっぱりイケメンは得だなー、としみじみ思いましたね(なんか前にも同じことを書いたような気がします)。
そんな彼ももう40を過ぎたくらいかな。でも相変わらずイケメンでした。
郷ひろみに似てるような気もします。
リハーサルは細かく止めながらいろいろ要求する感じ。
上品で興奮せず淡々と3日間を過ごしました。
なのに本番は不思議にちゃんと盛り上がったような気がします。
要求は細かいのですが本番になるとオケのメンバーに決してプレッシャーをかけないし、あのさわやかな笑顔を前にするとのびのび気持ちよく演奏できるのかな?また一緒にやりたい、と思わせるのは顔だけじゃないんだろうな。
演奏の評価はこちらから何も言えませんが僕たちの本番後の気分はさわやかなものでした。

もうヨーロッパでオペラの実績もつんで立派になったのにずっと漂う空気が変わらないのもいいですね。

また次回が楽しみです。ヨーロッパではオペラが多いようだからぜひオペラをやってみたいな…。

   by kassan

ちらし

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。