スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

英国バーミンガム・ロイヤル・バレエ団2011年日本公演 in東京文化会館

こんにちは。

只今東京文化会館で本番中です。
今日は2回ありまして1回目は13:30から2回目は18:30からです。
2回目はまだお時間がありますのでいらっしゃれる方は是非ご来場ください。

今回は楽屋周りの写真も撮れたので載せたいと思います。

では
ピアノ庫前の衣装たちその1ピアノ庫前の衣装たちその2

ピアノ庫の前にあった衣装たちです。

次に楽屋周りの様子です。


楽屋周りの衣装たち楽屋前の前の様子
楽屋周りの様子

ほとんどの楽屋周りには色々な道具や衣装があるのです。


今日のオーケストラピットはこんな風景です。

ピットでピアノ調律中

今日はピアノも入るので調律師さんがピットの中で調律しています。
本番はピアノの位置が変わってしまっていますがお許しください。

今回は指揮者からの目線の写真を撮ってみました。
まずは正面。

ピット指揮者から正面
バレリーナの足が見えるようになっているのです。
見えないと思うのですが真正面、ハープの右側に指揮者を映すカメラがあるのです。

ピット指揮者から下手

ピットの下手側です。
ピット指揮者から上手

上手側です。やはり管楽器なのでたくさんの椅子が並んでいます。

眠れる森の美女の公演もあと2回になりました。
ご来場いただける方は是非ご来場くださいませ。

mocchie


コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。