スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

指揮者なしのコンサート

第32回ティアラこうとう定期演奏会のリハーサルが始まりました。
リハーサル初めはヴィヴァルディの「四季」。舞台のセッティングは、いつものフル編成のオーケストラのそれとはずいぶん違います。



今回は指揮者は入りません。
コンサートを仕切るのはコンサートマスターの戸澤哲夫氏。
今日のリハーサル、濃かった~!
もちろん戸澤氏の練ったアイデア先行ですが、音楽監督、マエストロ宮本文昭氏も客席で、厳しくも愛のある指示を出し、プレーヤーもいつもより発言してより良いアンサンブルを作ろうとしています。
マエストロ宮本文昭氏は演奏会当日、ナビゲーターとしても登場いたします。
いつもと違う、弦楽器だけのシティ・フィルのコンサートをお楽しみください♪

20130202.jpg

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。