スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最終リハーサル

昨日は最終リハーサルでした。
通勤途中のスカイツリーが青空にそびえ立っていました。
スカイツリー1

ぐるりと回って、こちらは逆光のスカイツリーです。
逆光のスカイツリー

なぜか道路が凄い渋滞でしたが、なんとか間に合ってリハーサル開始です。
前にも書きましたが編成が大きいので、ヴァイオリンの一番後ろの席などは、舞台から外れて袖の部分に隠れてしまっているくらいでした。

さて、下手側にバスクラリネットがあったので、紹介します。
バスクラ1

専用のスタンドをプレイヤー自身が組み立てていました。
バスクラ2

リードの部分です。
少し湾曲していますけれど、逆流してこないのでしょうかねえ。
バスクラ吸い口

加えて演奏しているところです。
バスクラ吹き方

指の配置と持ち方です。
クラリネットと同じ感じですね。
バスクラ指の配置

となりのクラリネットと比べると、やはり、長さが長いので、譜面台の高さも少し高いように思えました。
一番下のホーンの部分です。
バスクラホーン

さて、前回も紹介したのですが、実は、ハープの木彫りの部分は作者の熱意とか想いとかが込められているらしく、花弁の数、花弁のしわ、はなの中心の部分などにこだわりがあるそうなので、今一度、撮らせて頂きました。
ハープの彫り

リハーサルの最初に下野さんが、ざっと曲の説明をして「ここのハイA(高いラ)は(マーラーの奥さんの)アルマのAなので、もし、ダフニスとかの名前だったらハイD(高いレ)とかになっていたのかも知れない」などと笑いを取りながら話していました。
最後に「ご清聴ありがとうございました」と言うフレーズは、あれ?どこかで聞いたような口調だなあと思ったら飯守さんも、よく使うフレーズでした。

さて、お待ちかね、昨日の下野さんのTシャツシリーズです。
最初はベルクだったのですが、社長と修行の打ち合わせ中のようでした。
誰が修業中?

その後はマーラーでした。
楽員みんなの空気を読んでか、こんな感じでした。
少し疲れています。

その後は、ジュピターでした。
今日のGP(本番前に行う仕上げの本番同様のリハーサルのこと)では、通すことはしないというので、今日のうちに通してリピートの確認などをしておきましょうという事で、頑張って通しました。
そしたら・・・・
最後は上機嫌

う~ん。
なかなか背中が物語っていますね。
男は黙って背中で物言う・・・・何でしょうか?

泣いても笑っても、今日が本番。
もちろん本番ではTシャツでは振られないので、見られないのが残念ですが、もし、GPのときに「みなさん最高」とか「本番宜しく」なんて書かれていたら凄いですね。

ペン太

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。