スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

気が付くとリハ2日目が終わってました

今日は第230回定期演奏会リハーサル2日目。
演目は前のブログのとおり展覧会の絵と、ドビュッシー・ラベルのフランスもの、展覧会の絵がムソルグスキー/ラベル編曲ということで曲と国とをつなぐリャードフの「バーバヤーガ」です。

リハ20090714

個人的にはピアノだったりトランクィロの箇所での指揮者の指示、「Brillante!」っていうのになんていう感じるものがありました。

あとどうやらフランス人にとってはsul tasto と frautatoってのは奏法的にも音的にも全然違うモノらしい。確かに指板の上と指板の近くでフルートっぽいとか違うんですが。
フランス語がちゃんとわからないと難しいなあと思いました。

あっというまに2日目おわり。やってる間はうっすら長く感じますが。

コメント

コメントの投稿

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。