スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第15回 オーケストラwithバレエ 「千夜一夜物語」 本番

東京シティ・バレエ団とのコラボ、オーケストラwithバレエ 「千夜一夜物語」の本番でした。
二部構成で、前半はオケのみ。後半はオケの前でバレエが繰り広げられました。
普段バレエ公演はオケはピットに入っている為、バレエはほとんど見えないのですが、
このコンサート、そんなこんなで視界に入る。
いや?、痩せてます!やわらかいです!キレイです?^^
己を振り返って、反省することしきり。

演奏会後、コンサートのあったティアラこうとうで、お客さま、㈶江東区地域振興会、東京シティ・バレエ団、東京シティ・フィルで交流会でした。
交流会の雰囲気

出し物があり、オケのメンバーでバンド演奏。
バンドメンバー紹介
バイオリン/伴野くん ベース/瀬野ちゃん ピアノ/志田さん ドラム/松本さん
で、情熱大陸など演奏。普段と違って、ちょっとカッコイイ(笑)

マエストロ飯守も、サンドウィッチ片手に。
マエストロ飯守
 
バレエ団の方が「くるみ割り人形」から、金平糖の踊りを披露されたり、グッズ抽選会の後
最後の締めに、バレエ&チェロフォアシュピーラーの高群くんとのコラボで「瀕死の白鳥」。
瀕死の白鳥

とても美しかったです。

テーマ : クラシック - ジャンル : 音楽

コメント

昨日は…

本当に素晴らしい公演でした!!!
前半のオーケストラのみの演奏もですし、後半のバレエとのコラボは私的には初体験でした。
オペラは100%(ですか?)歌い手にあわせるわけですが、バレエは音楽に踊り手があわせることになるんですよね?テンポやタイミングなどの打ち合わせとか大変ですね。向こうからの要望もたくさんあるのでしょうね。
本当に素敵な舞台、ありがとうございました。

そのあとの交流会も参加させていただき嬉しかったです♪
軽音楽部の皆さんの演奏、とってもカッコよかったのに音のバランスが残念なことになっていたのでホールの方に「ヴァイオリンに薄くでいいからマイクを入れてください」なんて酔った勢いで言っちゃいましたが。(^o^;

最後にチェロとピアノとバレリーナが出てきた瞬間、白鳥!とわかりました☆


言い忘れました、抽選会ではなんと!クリアファイルが当たりました~
ヾ(=^▽^=)ノ
会場の皆さんを代表して、ありがとうございました!

>エスプレッソさま
抽選会で何かしら当たったんですね~良かったです。

えーっと本来は、バレエはダンサーのテンポに指揮者が合わせるのですが、このコンサートは特殊な配置故、指揮者がダンサーの動きをチェックできません。
なので事前にどんなテンポかの打ち合わせと、実際ゲネプロで踊って、どうにもならない箇所を調整する、といった仕組みでした。
きっと振付も、タイトに合わせなくても良いように、適したものになっていたのではと、推測されます。

バレエは、ダンサーのテンポでないと、怪我に直結するので、ゲネプロで結構注文を受けます。同じ曲でも、例えば男性がダイナミックにジャンプするような曲は如実ですが、テンポがとても変わるので、「わ~今日の人はきっとすごい跳躍なんだ~!」と、想像できます。
逆にオペラは、音楽的な事が優先されるので、歌手の希望通りばかりではなく、指揮者の作りたい音楽のテンポに歌手が調整する事があるんですよ^^

コメントの投稿

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。